脱毛後の色素沈着どんなとき?

色素沈着と言えば、その個所は脱毛が出来ない事で知られています。しかし、折角脱毛をした後に施術個所に色素沈着が現れることがあります。これは、施術後の一つのデメリットと知られており、施術をすることによっても色素の沈着が起こってしまうのです。この脱毛施術による色素沈着はどういった時に起こってしまうのでしょうか。

純粋に施術によって色素沈着が出来てしまったというのであれば、それはやはり施術後の対応を誤ったという事になりかねません。実は、施術後、処理した個所が紫外線に当たれば、色素沈着の原因となってしまうのです。脱毛施術を受けた皮膚は、一種の火傷を負っている状態と言っても過言ではありません。皮膚が火傷をしますと、表皮基底層のメラニンが増加するようになります。

さらにその個所に紫外線が当たれば高確率で色素の沈着が起こってしまうのです。肌の色素の沈着は、長引くと次回の脱毛施術のスケジュールにも影響を与えかねません。色素の沈着した個所は最初にも述べた通り、施術することが出来ないのです。仮に色素が沈着して施術をお願いしてもサロン側が拒否することがあります。

ですから、施術した後はしっかりと紫外線対策をしたり肌の安静を保つように無理な事はしないことが重要なのです。是非とも、施術を受けた後は肌が早めに回復するように、少なくとも2週間は紫外線対策をしっかり行い、無理に肌をこすったりしないよう肌を安静にさせておきましょう。豊胸のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です