両国で自分にあった整形外科を探す

整形外科は主に体の運動期間に起きた外傷(骨折や脱臼、ねんざや打撲など)や肩こりや腰痛、関節痛などの慢性疾患を専門的に診療します。両国にも多数ありますが患者も赤ちゃんから高齢者までと幅広く人数も多いです。事故などの緊急なときは選ぶ余裕もありませんが、腰痛など慢性疾患の場合は病院にも長く通うことになるのでじっくりと自分にあった両国の整形外科を選ぶ必要があります。後悔しないためには自分の症状にあった専門医を見つけることで、医師によって腰痛の専門や肩こりが得意分野だったりとそれぞれ違うのでそれを最初に確認しておくとよいです。

近くにあるときは地元の評判も良い判断材料となります。遠い場合でもホームページなどで診療の実績や手術数なども確認可能で、インターネットだと同じ症状で悩んでいる人からも良い情報を得られることもあります。何度も両国の整形外科を変えることになるのを防ぐためにも、情報を集めてから納得した上で診察を受けることが大切です。また診察に行くときも最初から大きな病院にはいかないほうが良いです。

大きいと軽症でも待ち時間が長くて検査時間も診察を受けるまでにかなり長くなります。最初は一般の病院へ行ってから診察と検査を受けてみて、治療が大きな病院でないと出来ない場合だけ行ったほうが無駄がありません。病院へ行くときも症状や医師に質問したいことなど気になることをメモなどに纏めておくと診察もスムーズにすみます。長い時間待ってから診察を受けたときに、その場で伝えることが難しい場合もあるので質問したいことなどを纏めておくと安心です。

再診のときは前回受診してから、その後の改善点や気になること、痛みなどについて答えられるようにメモにまとめると良いです。治療法に疑問などがあるときも納得がいくまで説明を受けたほうが後悔するリスクも減ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*