臨床経験の豊かな医師がいる両国の整形外科

坐骨神経痛や椎間板ヘルニアの疑いがある場合は、両国の整形外科で精密検査と治療ができます。柔道整復師が経営している整骨院や接骨院でも、様々な施術が行われていますが、医師ではないため検査は行えません。一方、整形外科では精密検査が行えるため、他の疾患が原因の場合は早期発見ができます。また両国の整形外科では、坐骨神経痛に対しては保存療法が主に行われます。

これはなるべく手術をしない方法で、患者から痛み取り除くことを第一に考えています。痛み止めの処方の他に、場合によっては温熱療法や電気治療などを行います。椎間板ヘルニアについては、両国のクリニックではヘルニアを引っ込めるよりも、まず炎症を取ることを考えた治療をしています。まず検査ですが、軟骨でできている椎間板はレントゲンでは撮影できません。

そのため医師は、下肢伸展拳上テストなどを行って診断します。ただしヘルニア以外の骨の異常があることも考え、レントゲン検査は必ず行います。また医師が実際に患者の脚などを動かし、どこを動かすとどの程度痛むかなども調べます。ヘルニアは手術をしなくても自然に小さくなることがありますが、重症のケースでは、緊急手術をしなければ下半身麻痺を起こします。

手術をするかしないかは、担当医の判断に任せられています。その点、両国には臨床経験の豊富な医師がいるため、安心して治療を受けられます。尚、整形外科では骨折や刺し傷などの急患には、随時対応しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*