両国の整形外科では怪我や関節痛などを扱う

両国の整形外科では、刃物で刺した怪我や切り傷など、傷全般に迅速な治療を行っています。見た目よりも傷が深い場合もあり、中には神経や筋肉を傷つけていることもあります。そのため自分で判断せず、すぐに医者に診察してもらうことが望ましいです。事故による打撲や突然の捻挫なども、整形外科の分野です。

捻挫は薬局で湿布を購入し、患部に貼ることで治癒するケースもありますが、医師の診断を受けた方が安心です。両国のエリアには、骨折や脱臼なども的確に処置できる優秀な医師がいます。ギプス固定で完治する場合と、手術が必要な場合があります。その際、整形外科の医師は、患者の日常生活のことも考慮して治療プランを立ててくれます。

その他、両国の整形外科では、手首、肩、膝などの関節痛の治療も行っています。加齢に伴う膝の痛みは、特に患者の多い疾患です。関節リウマチや骨粗鬆症の疑いがある場合は、レントゲン検査や血液検査などを行います。男性に多い痛風も、整形外科で治療ができます。

症状としては関節に強い痛みが現れ、血液中の尿酸値が高いなら痛風と診断されます。内服薬での治療になります。その他、スポーツによる肉離れや靭帯損傷、アキレス腱の痛みなどの治療も行われています。急患の治療にも対応しているため、痛みを我慢せずに、クリニックで診断を受けることが大切です。

尚、基本的に予約制ではないところが多いですが、オンライン予約ができるクリニックもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*