格安航空券でツアーに行く場合はいろいろと注意が必要になります。まず、購入後、日程変更などができないものが多いです。変更するには一旦取り消してから買いなおす必要があり、その際に高額の手数料がかかるなど、事実上変更不可という航空券が基本です。ツアー日程が間違いなく決まっている人は良いものの、仕事等で突然行けなくなるかもしれない人には向きません。

また、格安といいながらシーズンによってはさほど安くないというか、その航空会社が正規に発売している割引航空券とさほど変わらないとか、場合によっては逆転現象が起きていることさえあります。これは、格安航空券の値段は一年中同じなのではなくて、需要予測によって値段を柔軟に変更しているためです。ですから、ツアーに行く時期によっては、わざわざ格安航空券を買わなくても、正規割引航空券を買ったほうがよい場合もあるのです。あと、航空会社のマイレージ関係です。

マイレージを全く貯めていないという人には関係ありませんが、もしそれなりに貯めているのであれば多少は意識しておいてもよいでしょう。それは、格安航空券の場合、マイレージの積算割合が普通運賃との比較ではもちろんのこと、正規割引航空券と比較しても低くなっていることが多いためです。航空券は、たとえ同じエコノミーであっても実に多くの券種があり、格安航空券はその最下位に位置づけられています。マイレージ積算割合は0%とされている場合さえありますから注意しましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *