日本にいるとブルネイという国の情報は頻繁には入ってきませんが、豪華な建造物が多い国なので観光にはぴったりです。例えばスルタンオマールアリサイフディンモスクは、水に宮殿が浮かんでいます。ブルネイを象徴する建造物で、先代の国王が建てたためオールドモスクが通称です。世界中の一流品を取り寄せており、贅沢な仕上がりとなっています。

日中に見ても金色のドームが豪華ですが、夜は緑色にライトアップされるのでさらに輝きを増します。ジュルドンパークは東南アジアで最大級のテーマパークです。ブルネイは気温が高いので、暑さのために夜しか開園しません。夜なのでテーマパークは一面イルミネーションで飾られます。

噴水ショーは1時間ごとに行われ、ツアー中で一番はしゃげる時間です。贅を尽くした建造物が多いブルネイですが、庶民の生活はそれほど豪華ではありません。ツアーに参加した場合、実際の水上生活の様子を見学できることもあります。ブルネイの水上集落は世界最大で、個人なら遠くからしか見られない生活もツアーなら内部まで詳しく知ることができます。

日本人は水の上で生活する感覚がありませんが、実際はキッチンなどの設備があって水の上にいるような不便さはありません。飾らない人々の姿が見られる良い経験です。近くにあるマーケットも庶民的で、東南アジアならではのフルーツがたくさん売られています。建造物と人々の暮らしにはギャップがありますが、ブルネイは治安が良いので安心して旅行できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *