クルーズツアーとなると、いろいろなことを考えに入れなければなりません。もちろん、どの海域に行くかはツアーの重要な目的です。とくに寄港地でのオプショナルツアーを重視する人であれば、どの海域に行くかは外せません。ただし、実際に世界地図を見渡すと、十分な選択肢のあるクルーズ船が就航している海域というのはかなり限定されています。

世界一周クルーズというのもあるくらいですから、年に1、2回、とにかくどんなクルーズ船でもよいから航行している海域となればほぼ世界の7つの海の全てになるかもしれませんが、行きたい日、乗りたい船がある程度決まっている場合はそうも行きません。やはり選択肢が一番多いのは地中海です。イタリアやギリシアを初めとして、魅力的な寄港地が数多く点在していること、そしてヨーロッパというクルーズの大きな需要が背後にあることが理由でしょう。地中海であれば、ほぼ1年中、さまざまな船がさまざまな航路で就航していますから、自分にあった日程、自分の乗りたい船を選ぶことができるでしょう。

そして、寄港地観光ではヨーロッパの文化に触れることもできます。もう一つ、選択肢が多いのはカリブ海周辺です。こちらは寄港地の文化的魅力では地中海に勝てないかもしれませんが、ビーチリゾートという意味ではこちらが上でしょう。もちろんカリブ海クルーズの主要な乗客はアメリカ人です。

こちらもほぼ1年中クルーズ船が就航しています。浅草駅ホテルのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *