最近はますます旅の選択肢が増えてきたと感じる人が増えたようです。コンピュータの普及率が上がり、インターネットで世界中の情報が瞬時に手に入るようになると、海外航空券の入手方法もかなり選べるようになりました。自分の希望や好み、都合に合わせ、様々な条件の組み合わせも決して困難ではありません。逆に簡単になり過ぎて、どう選べばよいかわからないという人もいるのではないでしょうか。

どうせなら少しでもお得に、手に入れたいと思うのは誰しも同じです。海外航空券を選ぶ際に、最低限知っておきたいのはいくつかある種類と、価格がどのように決まるのかも気になります。各国の航空会社はIATA(国際航空運賃協会)という統括団体に加盟しています。ここで世界を3つの地域グループに分け、運賃を決定するわけです。

これは公示運賃と呼ばれるものですが、あくまで基本の価格であり、その時々の条件や状況により変化します。海外航空券の種類は大きく分けてノーマル航空券と呼ばれる正規運賃とPEX運賃と呼ばれる正規割引運賃とがあります。正規は最も基本であり高額な分、座席指定や予約変更など融通が利きます。PEXは航空会社が独自に設定したもので、予約変更はできません。

さらに現在、最も人気のあるのが格安航空券で、団体旅行向けに卸した航空券をバラ売りにしたものです。これは往復の日程変更ができないFIX航空券と、有効期限内に限り、復路の変更ができるOPEN航空券に分かれています。非常に人気が高いため、見つけたらできるだけ早く抑えておくことがポイントです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *