雷門と聞いて多くの方が赤い提灯を連想されえることでしょう。

東京を代表する浅草地域にある雷門は、この場所を訪れる方々が記念撮影をするほどの高い知名度を持ったものです。日本のランドマークと言っても過言ではなく、国内外から一目見ようと連日多くの方が訪れているところでもあります。雷門がある浅草一帯は江戸時代から宿場町として栄えていた地域です。その名残りが今もあり、浅草には2020年5月現在で計150軒ものホテルが点在します。浅草周辺にあるホテルは大規模なものではなく、客室数が100室以下の小規模な観光旅館やビジネスホテルとなっているのが特徴です。特にビジネスホテルが全体の70%を占めており、観光客だけでなく地方から東京に出張で訪れた方々の利用も多くなっています。

昨今ではインバウンド客も宿泊するようになっており、日本語だけでなく英語・中国語・韓国語といった多言語に対応した公式WEBサイトを運用している宿泊施設もあるほどです。宿泊費用の相場は約4、500円~8、000円となっており、素泊まりを可能としているのも特徴です。

素泊まりの場合は食事代が不要でリーズナブルな価格となり、東京内にある宿泊施設の中では非常に利用しやすい地域といえます。小規模なホテルが多いことから1名~3名程度しか同じ部屋で泊まれませんが、施設内にはレストラン・大浴場等もあり観光目的の使用をするのに何ら問題のない宿泊施設ばかりがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *