2020年に世界中で起きた新型コロナウイルス感染症の流行では、多数のイベントで開催予定が変更となりました。

浅草の行事も例外ではなく、2020年内に開催が予定されていたものは中止もしくは延期の措置がとられています。例えば、毎年5月に行われる浅草の伝統行事の一つとなっている三社祭は、10月中旬に延期となりました。全国各地の神社が行うお祭りは、神職のみが参加するものだけ予定通り開催するところと、イベント全体を延期としたところに対応がわかれていますが、三社祭は後者を選択しました。仮に10月の開催が決定すれば、三社祭の歴史ではじめて秋に開催されることになります。

ただし、新型コロナウイルスの感染の広がり方によっては、中止になる可能性があります。三社祭の主催者は、8月末に開催の可否を判断するとしており、注目されるところです。また、三社祭に並ぶ浅草の代表的行事の一つで、毎年8月下旬に行われているサンバカーニバルも、2020年は開催をしないことが4月の段階で決まりました。

2020年のサンバカーニバルは、当初は8月に東京でオリンピックとパラリンピックが開催される予定だった関係もあり、9月下旬に開催される予定でした。中止は2011年以来ですが、このときは東日本大震災の影響で延期となった隅田川花火大会と日程が重複したことから協議の結果中止になったもので、疫病の感染拡大が原因による中止はサンバカーニバルが行われるようになってからははじめてです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *